合同会社一級建築士事務所アトリエSUS4

info@a-sus4.com

仕事の流れ

0.設計の主義

当事務所は合理的な構造と建物の維持を重視した設計を行います。
利便性・デザイン性を推し進めすぎると、構造の合理性が失われ、経済的にも不利になります。もちろん建物の用途を満たすことや、意匠上の解決も重要ですので、それらを尊重しつつ、用・強・美のバランスをとった建物を計画していきます。
また、おざなりにされがちな建物がたってからの修繕計画を立て、長期的に存続していけるようにします。

1.ご相談

当事務所にお越しいただければ無料で行います。お気軽にご相談ください。
新築だけでなく、耐震診断や改修の相談もお受けいたします。

2.初期提案

現地調査、追加ヒアリング、法規制チェック、初期ラフ図面作成を行います。ラフ図面をもとに再度要望の整理とヒアリングを行い初期提案図面を作成いたします。
この段階までの費用は12万円(税込み)になります。設計契約に達した場合は設計料からこの額を差し引きます。

3.基本設計・実施設計

当事務所ではこの段階で設計監理契約を結ばせていただきます。間取りやデザインが確認できる図面を作り、ミーティングを重ねてプランを詰めていきます。
その後、お客様の承認を経て実施設計(建物を建設するための詳細な図面作成、構造計算書作成、長期修繕計画作成)に移ります。

4.施工者決定・工事費調整

作成した図面をもとに数社の工事施工者に相見積もりを行います。
金額だけでなく、工事実績等を考慮して施工者を決定します。必要に応じて工事予算内に収めるための設計調整を行います。

5.各種届出・申請

建築基準法で定められた確認申請や、条例等にもとづく届出・許可申請を行います。
近年審査期間が長くなってきているため、施工者決定と並行して行うケースもあります。

6.着工・工事監理

週に一度を原則として、施工者との打ち合わせと現場確認を行います。
法令上の検査だけでなく、随時現場を確認することにより、図面通りの建物が完成していきます。

7.竣工・引き渡し

施工者による検査、当事務所による検査、行政等による完了検査を経て引き渡しとなります。
建物とともに引き渡される、確認済証・検査済証・竣工図面・設計図書(図面と仕様書の総称)は大事に保管する必要があります。これらを紛失した建物は、法律上改築等が出来なくなり、使用に困っているケースが非常に多いです。

8.アフターフォロー

一年点検(無償)を行い、問題が無いことを確認します。
その後は義務ではありませんが、長期修繕計画に基づいて、修繕工事を行うことが望まれます。有償とはなりますが点検を希望されればお引き受けいたします。

  • 合同会社一級建築士事務所アトリエSUS4
  • 〒600-8119
    京都府京都市下京区河原町五条下ル本塩竈町583-5
    KAWARAMACHI PLACE 304号
  • mail地図
ページのトップへ戻る